クレジットカードを上手く使いこなせていますか?

クレジットカードに頼って生活している方へ

クレジットカードを使っても
大丈夫な人かを判別する方法

 

 

クレジットカードで購入した商品は、
支払いが終わるまでは
クレジットカード会社が所有権を留保しています。

 

 

ですから、支払いが終わるまでは
購入者は所有者ではなく、
使用者となるのですが、
この事実を知らない人が多いのが現状です。

クレジットカードには、仕組みがあります。

クレジットカードに頼っても良いのか、チェックしましょう。

クレジットカードとローンの仕組み

購入する・・・

つまりは、クレジットカード会社に
借金をするということになるのです。
この仕組みは車や不動産のローンも同じです。

 

 

確かにこれらのものは
購入者にも所有権があるかとは思いますが、

 

 

ローンの返済を完了していない期間は
その融資をしている金融機関に
権利があるのです。

 

 

もし、返済出来なくなりますと
不動産や車を泣く泣く売却しないといけない
運命になるのです。

 

 

どうですか?

 

 

カードで買うと自分の所有物だという
主張は幻想だと思えてきませんか?

 

 

消費者の購買意欲をそそる仕組みが
増えてきている世の中ですが、
これらに簡単に踊らされてしまうのは
誠に愚かな行為であることに気付くことでしょう。

 

 

前回もお話させていただきましたが、
クレジットカードの仕組みについて
批判するつもりはありません。

クレジットカードの買い物は、金融機関が所有者に。

その点を知った上で、利用する事が必須です。

あなたはクレジットカードを使っていい人?悪い人?

ただ、クレジットカードを使っても

いい人と悪い人がいるというだけ
頭に入れていただければと思います。

 

 

私はクレジットカードで買い物していいの?
駄目なの?と思っている方、
実は簡単に判別する方法があるのです。

 

 

それは、、、ある一定の期間
クレジットカードに頼ることなく生活することです。

 

 

どれくらいの期間がいいかについては
自由にしていただいても構いません。

 

 

1ヶ月くらいでもいいですし、
2〜3ヶ月といった期間でも構いません。

 

 

その間、カードに頼ることなく
生活することが出来た方は

 

 

クレジットカードを使ってもいい方、
逆にクレジットカードに頼ってしまった方は
クレジットカードを使ってはいけない人になるのです。

 

 

チャレンジしてクレジットカードに頼ることなく
生活することさえ出来れば
自ずとお金を貯めることができるようになるでしょう。

 

 

クレジットカードは
一見便利なツールに見えるかもしれませんが、
使う人が間違った使い方をすることで
恐ろしい凶器へと変貌してしまう可能性もあるのです。

 

試しに、もしも一か月現金で暮らせないなら、

あなたはクレジットカードに頼ってはいけない人なのです。

あなたは何故お金を貯めているのですか?
お金を貯めているのは
何かしらの明確な目的があるからではありませんか?
次のページで貯金する意味についてしっかり考えましょう!

 

 

>>貯金する目的をしっかりみつけよう!に続く

スポンサードリンク


>>お金を貯める方法トップページに戻る

TOP @無駄な出費を減らす A保険を見直す B自宅で副業する 問い合わせ